November 22, 2019 / 4:12 AM / 19 days ago

ベルギー出身の9歳少年、世界最年少の大卒者に

[アイントホーフェン(オランダ) 21日 ロイター] - ベルギー出身でオランダに住む9歳のローラン・シモンズ君は、来月に大学の学位を取得し、世界最年少の大卒者となる見込みだ。

ペットの子犬を抱えながら話す姿は他の9歳の少年と変わらないが、知能指数(IQ)が145のローラン君は現在、オランダのアイントホーフェン工科大で電気工学を専攻している。来月には学士課程を修了する予定。

これからの計画については「博士課程を始め、医学も少し勉強したい。でもまずは休暇を楽しむ予定」と話した。

大学にいない時は、犬の散歩をしたり、ビデオゲーム「マインクラフト」や「フォートナイト」をプレーしたり、インスタグラムに写真を投稿したりしているという。

発明家ニコラ・テスラに刺激され、今後は人工臓器の研究をし、最終的には完全な人工的な体を作りたいと語った。祖父母が心臓病患者であることが理由だという。

ローラン君はハイスクールを約1年で終えると大学に進み、通常は3年間かかる学士課程をわずか9カ月で修了する見込み。大学のプログラムディレクターは「彼の頭の中で何が起こっているのか想像もつかない。これまでに在籍した一番賢い学生よりも3倍頭がいいかもしれない」と語った。

世界中の大学からローレン君にオファーが殺到しており、今のところ米国西海岸が行き先として有力な候補だという。

ギネス世界記録によると、現在のところ、最年少で大学の学位を取得したのは米国人のマイケル・カーニーさんで、1994年に10歳4カ月で達成した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below