March 22, 2019 / 5:33 AM / a month ago

どんなボタンも揃う店、NYで60年代から営業

 3月20日、取れたボタンをなくしてしまうと、同じものを見つけるのはなかなか難しい。そんな人のために、米ニューヨークのアッパー・イーストサイドにはどんなボタンも揃うと評判の店が、1960年代から営業を続けている。19日撮影(2019年 ロイター/Hussein Al Waaile)

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 取れたボタンをなくしてしまうと、同じものを見つけるのはなかなか難しい。そんな人のために、米ニューヨークのアッパー・イーストサイドにはどんなボタンも揃うと評判の店が、1960年代から営業を続けている。

レンガの外装の小さな店「テンダー・ボタンズ」は、壁一面がボタンの詰まったたくさんの箱でぎっしり。普段使いのものもある一方、1890年代の金属とガラス製のボタンは1個225ドル(約2万5000円)する。

店主のミリセント・サフロさんは「ボタン1つ1つに、魅力、質、美学がある」と話す。店の名前は、ガートルード・スタインの詩集「やさしい釦(ボタン)」にちなんだ。

この店のボタンはカエルのマペット(操り人形)「カーミット」のレインコートにも使われた。レーガン元米大統領の夫人ナンシーさんの服を手掛けた米デザイナー、ジェームズ・ガラノスも顧客だったという。

サフロさんは「ローマでドレスを買った女性が、飛行機内でそのボタンをなくした。それと同じものがうちで見つかった。とても誇らしい瞬間だった」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below