for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米NY州地裁、ヌンチャクの使用禁じる法律を「違憲」と判断

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米ニューヨーク州の地方裁判所で、武器ヌンチャクの使用を禁止する1970年代に成立した州法に対し、違憲との判断が下された。

アマチュア武道家のジェームズ・マロニー氏が、双子の息子にヌンチャクを使用した武術の型を教えることができないとし、この法律に異議を申し立てていた。

ニューヨーク東部地裁のパメラ・チェン判事は、武器を所持する権利を保障する憲法修正第2条は銃器のみならずヌンチャクにも適用されるとし、訴えを認めた。

14日に公表された判決文は、ヌンチャクの所持を違法とする同州の法律について「憲法修正第2条が保障している武器を所持する権利を、憲法に反して制限するものであり、したがって無効」と判断。被告となった同州ナッソー郡地区検事長は、ヌンチャクの所有を修正第2条の保障対象から外すべきだという十分な証拠を提示できなかったと述べた。

ヌンチャクは沖縄の琉球古武術で開発された武器で、ブルース・リーが70年代にカンフー映画で使用し世界的に有名になった。裁判で提出された資料によると、過去23年間に米国で木製・金属製のヌンチャクが少なくとも6万4890本販売されたという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up