for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NZの国内銀行、スタグフレーションに耐え得る状態=中銀

[31日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)は31日、銀行を対象にした年次健全性審査(ストレステスト)の結果について、国内銀行が景気後退とインフレが同時に進む「スタグフレーション」に持ちこたえられる状態にあるとの見方を示した。

ホークスビー副総裁は、スタグフレーション下で銀行の資本バッファーは打撃を受けるものの、当局が求める最低水準は大きく上回ると指摘。2008年の世界的な金融危機以降、国内行が資本増強を進めてきたためだと説明した。

NZの第3・四半期の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年比7.2%で、約30年ぶりの高い水準付近で高止まりした。

第2・四半期の国内総生産(GDP)は前期比1.7%増加し、第1・四半期の0.2%減からプラスに転じた。

ただ、利上げにより再び縮小するリスクが高まっている。

中銀は11月2日、年2回まとめる金融安定報告書を公表する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up