for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ニュージーランド、27日に新型コロナの警戒レベル下げ封鎖緩和へ

[ウェリントン 20日 ロイター] - ニュージーランドのアーダーン首相は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため前月下旬から実施しているロックダウン(都市封鎖)を来週、緩和すると発表した。

 4月20日、ニュージーランドのアーダーン首相(写真)は、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため実施しているロックダウン(都市封鎖)を1週間延長した上で、その後制限を緩和すると発表した。写真はニュージーランドのクライストチャーチで3月撮影(2020年 ロイター/Martin Hunter)

アーダーン首相は記者会見で、「4月27日午後11時59分に警戒レベル4のロックダウンを解除する」と表明。レベル3の態勢を2週間継続した後、状況を再び精査し、5月11日の閣議でその後の方針を決定する考えを示した。

同国は3月25日に国家非常事態を宣言し、同日深夜から警戒を最高のレベル4に引き上げ、ロックダウンを実施。不要不急のサービスを停止し、学校や企業を閉鎖した。

予定より数日遅い封鎖緩和となることについて首相は「ロックダウンが長ければ長いほど、再封鎖の必要性が低下すると考えた」と述べた。

ニュージーランド(NZ)政府が、新型コロナウイルス感染症による国内の死者が報告される前に国家非常事態宣言と国境封鎖に踏み切ったことについて、新型コロナの封じ込めてで効果的だったとの評価を受けている。

20日に新たに確認された国内の新型コロナ感染者は9人にとどまり、死者はいなかった。累計の感染者は1440人で、死者が12人。

アーダーン氏は、警戒レベル3への引き下げによって建設、製造、林業などの経済活動が可能になるが、社会活動の制限は緩和されないと説明。

「われわれが確実に衛生における成功例となり、新型コロナ感染を広げることなく経済活動を再開するには、次の段階での適切な行動が必要になる」としたうえで、警戒レベルを再び上げる状況を回避したいとの考えを示した。

NZドルの対米ドル相場NZD=D3は政府の発表を受けてプラス圏に浮上し、3営業日ぶりの高値である0.6050米ドルを付けた。

アーダーン首相は前週、レベル3への警戒引き下げ後もショッピングモールや飲食店などは引き続き閉鎖すると説明。しかし、ネットや電話での注文の受け付けは可能になると述べている。

学校は中等教育半ばの「Year10」の学年まで一部再開を可能にするが、自主登校となる。結婚式と葬式は参列者10人を上限に認める。

*内容とカテゴリーを追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up