May 8, 2019 / 3:02 AM / 16 days ago

NZ中銀が過去最低の1.50%に利下げ、来年の追加利下げ示唆

[ウェリントン 8日 ロイター] - ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は8日、政策金利のオフィシャルキャッシュレート(OCR)を25ベーシスポイント(bp)引き下げ、過去最低の1.50%とした。利下げは2年半ぶり。

 5月8日、ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は、政策金利のオフィシャルキャッシュレート(OCR)を25ベーシスポイント(bp)引き下げ、過去最低の1.50%とした。写真はNZ中銀。ウェリントンで2017年7月撮影(2019年 ロイター/David Gray)

追加利下げの確率が50%あることを示唆したことから、ニュージーランドドルは大幅に下落した。

中銀は3月にハト派姿勢への転換を明らかにしており、利下げは予想されていた。

利下げ発表を受け、ニュージーランドドルNZD=D4は1NZドル=0.6600米ドルから0.6525米ドルに下落。6カ月ぶりの安値を付けた。国債利回りは5─7bp低下した。

NZ中銀はこれまで総裁だけが金利を決定する権限を持っていたが、今回の会合から金融政策委員会による政策決定に移行。全会一致で利下げを決定した。

今後の動きについては明確なガイダンスは示さなかったものの、「予測期間におけるOCRの低下方向は適切」との認識を示した。

中銀の予想期間は2022年6月まで。20年9月と12月時点の金利は1.36%とし、追加利下げの確率が50%超であることを示唆した。

ニュージーランドでは国内の景気低迷や世界経済の減速、目標を下回るインフレ率などを背景に、ここ数カ月に利下げ観測が高まっていた。

中銀は雇用について、「持続可能な水準の最高レベル」にあるが、見通しはより控え目と指摘。「結果として、インフレ圧力の高まりはごく小規模にとどまる」との見方を示した。

また、政府の移民制限方針による人口の伸びの鈍化、家計支出の伸び鈍化による住宅価格の下落にも言及した。

主な下振れリスクとしては、主要貿易相手である中国とオーストラリアのほか、世界の経済成長が予想以上に鈍化していることを挙げた。

エコノミストは、利下げは今後も選択肢との見方を示している。

ASBのチーフエコノミスト、ニック・タフリー氏は「次のOCRの動きはデータ次第となる公算が大きい。8月を考えていたが、後ずれが視野に入ってきた。中銀の現在の見通しは、追加利下げについて切迫よりも慎重な評価を示唆している」と指摘した。

会見した中銀のオア総裁は、米中貿易交渉がニュージーランド経済の主要なリスクだと指摘。「解決に向かっているのかどうかは言えないが、世界の貿易は国内経済にとって極めて重要だ」と述べた。

国内経済については、設備投資と個人消費が予想を下回っており、経済情勢を評価する際に大きなサプライズとなったと述べた。

金利予測については、多大な不透明感があるとの認識を示した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below