July 3, 2018 / 12:50 AM / 3 months ago

第2四半期のNZ企業信頼感、7年ぶり水準に悪化 

[ウェリントン 3日 ロイター] - ニュージーランド経済研究所(NZIER)が発表した四半期調査によると、第2・四半期のニュージーランド(NZ)の企業信頼感は7年ぶり水準に落ち込んだ。コスト高により、小売りや建設企業の信頼感が特に悪化した。

 7月3日、ニュージーランド経済研究所(NZIER)が発表した四半期調査によると、第2・四半期のニュージーランド(NZ)の企業信頼感は7年ぶり水準に落ち込んだ。写真はウェリントンのビジネス地区で昨年7月に撮影(2018年 ロイター/David Gray)

景況全般が悪化すると回答した企業はネットで20%となり、第1・四半期の11%から悪化した。

NZIERのエコノミスト、クリスティーナ・レオン氏は「今回の結果は、向こう1年の国内総生産(GDP)が控えめな数字になることを示唆している」と指摘し、原材料コストと賃金の上昇は企業の収益期待に水を差していると説明した。

建設および小売企業の信頼感悪化が目立ち、小売り企業は9年ぶり水準に落ち込んだ。最低賃金の引き上げが一因となった可能性があるという。

設備稼働率は92.8%で、前四半期の93.5%から低下した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below