for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NZの第4四半期失業率、予想外に改善 早期の引き締め観測浮上

[ウェリントン 3日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)統計局が発表した2020年第4・四半期の雇用統計は、失業率が予想外に改善し、賃金も増加した。これを受け、NZ準備銀行(中央銀行)の追加利下げ観測が後退し、早期の金融引き締め観測が浮上した。

第4・四半期の失業率(季節調整済み)は、第3・四半期の5.3%から4.9%に低下。ロイターがまとめたエコノミスト予想(5.6%)に反して改善した。

失業者数(季節調整済み)は1万人減の14万1000人だった。

活用されていない労働力の割合(季節調整済み)は、前期の13.2%から11.9%に低下した。

民間部門賃金は前期比0.5%、前年比1.5%、それぞれ増加した。

キーウィ銀行のチーフエコノミスト、ジャロード・カー氏は「中銀による追加緩和観測が、マクロプルーデンシャルな政策を通じた引き締め観測に変わった」と指摘した。

NZは感染拡大初期に対策を取り、経済が早期に回復し、他国のような多数の感染者や死者も出ていない。

ただ、賃金補助制度の終了に伴い、今後失業者が増える可能性があると政府は懸念していた。

キャピタル・エコノミクスのオーストラリア・NZ担当エコノミスト、ベン・ウディ氏は、労働市場は中銀想定をはるかに上回るペースで引き締まっており、これが、来年末までに中銀が利上げを開始するとのわれわれの見通しの根拠の一つになっていると説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up