December 19, 2019 / 12:09 AM / a month ago

ニュージーランドの第3四半期GDP、前期比+0.7%に加速

[ウェリントン 19日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)統計局が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)は季節調整済み前期比0.7%増加し、伸び率は第2・四半期の0.5%から加速し、市場予想を上回った。堅調な小売支出に支援された。

ロイターがまとめたアナリスト予想は0.6%増。NZ準備銀行(中央銀行)は0.3%と予想していた。

GDP統計を受け、NZドルは対米ドルNZD=で一時0.2%上昇し、0.6610米ドルを付けたが、その後すぐに押し戻されている。

NZ中銀は8月、海外リスクが高まる中、景気支援に向け、予想以上に大幅な50ベーシスポイント(bp)の利下げを行った。

同国政府は今月、インフラ投資を過去約20年で最大の水準に引き上げる計画を発表した。

NZ統計局は声明で「第3・四半期は電子機器への堅調な支出に支援され、小売業界の伸びが2.4%となった」と指摘した。支出ベースのGDPは、家計支出の拡大を背景に0.6%増加した。

GDPの約3分の2を占めるサービス部門は0.4%増加。第2・四半期は0.8%増だった。

第2・四半期のGDPは、前期比0.5%増から同0.1%増に下方修正された。

第3・四半期GDPは、前年比では2.3%増加。第2・四半期は、2.1%増だった。

アナリストは、第3・四半期のGDP伸び率が市場予想を上回ったものの、前期の下方修正は2019年に伸び率がこれまでの予想よりも大幅に鈍化したことを示すと指摘している。

NZ中銀は11月に政策金利を予想外に据え置いたが、追加緩和に含みを残しており、一部のエコノミストは来年に利下げが実施されると見込んでいる。

ただ、キャピタル・エコノミクスのベン・ウディ氏は、リサーチノートで「GDP伸び率が中銀予想を大幅に上回ったことは、NZ中銀の安心材料となるだろう。2月に利下げが実施される可能性は低いようだ」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below