for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NZ中銀、金融危機再来に備え量的緩和を準備─総裁補=通信社

[シドニー 23日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)は23日発表した報告書で、中銀には金融政策を緩和する「一段と大幅な余地」があり、大規模な金融危機の発生時には大量の資産購入を実施する準備があると表明した。

報告書は同国での非伝統的金融政策の実施に関するもの。

マクダーモット総裁補は報告書発表後のブルームバーグとのインタビューで、大規模な経済ショックが発生した場合、中銀は量的緩和(QE)やマイナス金利など、5つの政策ツールを活用することが可能だと述べた。

NZドルの対ドル相場は報道を受けて0.6912米ドルに下落した。22日には1週間ぶり高値となる0.6974米ドルをつけていた。

総裁補は「これはすべて、将来の計画に関することだ」とも断った。こうしたツールを利用する「差し迫った見通し」はないと指摘。ただ、「サイクルの中の現時点でそれらが必要となる確率は過去のどの時点よりも高く」、「万が一の用心に準備しておかないのは愚かだろう」と語った。

NZ中銀はどのツールが同国に適しているかを見極めるため、海外の中銀が利用している非伝統的金融政策を研究してきたという。

総裁補はこれらのツールの利用について、「世界金融危機の再来や中国を巻き込む一段と大規模なアジア金融危機といった、実際に大きな影響がある」大ショックの発生時に限られると強調した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧下さい

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up