Reuters logo
インタビュー:インフレ期待に変化ない、金利バイアスは中立=NZ中銀総裁補
2017年5月11日 / 01:36 / 6ヶ月前

インタビュー:インフレ期待に変化ない、金利バイアスは中立=NZ中銀総裁補

[ウェリントン 11日 ロイター] - ニュージーランド準備銀行(RBNZ、中央銀行)のマクダーモット総裁補は、基調インフレ期待は3カ月前から大きく変わっておらず、金利に対するバイアスは中立だとの認識を示した。

同総裁補はロイターとのインタビューで「様々な声があり、一部の人は誤解している」と述べた。

さらに、次の措置は、引き上げか引き下げ両方になり得るという、幅広い見方を中銀は持っていると語った。

RBNZは11日、政策金利を過去最低の1.75%に据え置くと発表し、政策金利を相当な期間維持する方針をあらためて示した。一方、エコノミストの多くは、中銀が引き締め見通しを2019年前半に前倒しする可能性を示唆すると予想していた。

第1・四半期の消費者物価指数(CPI)は前年比2.2%上昇と、中銀見通しの1.5%を上回り、2011年以降初めて中銀目標レンジの中間値に達した。これについて中銀は、変動の激しいガソリンや食品の値上がりといった一時的要因が働いたと指摘。総合インフレ率は中期的に1─3%の中間値になるとの見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below