for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NZ中銀、刺激策は依然必要 新型コロナに不透明感=総裁補

[ウェリントン 31日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)のホークスビー総裁補は31日、金融刺激策の解除が早過ぎるよりも、引き延ばし過ぎるほうが望ましいとの見解を示した。

ホークスビー氏はインタビューで新型コロナウイルスの影響はまだ終わっておらず、2月時点で必要とされたのと同程度の金融刺激がまだ必要と指摘した。

「刺激策をかなりの期間実施し、辛抱強さを保ち、刺激策の早過ぎる解除よりは引き伸ばしす過ぎるほうが良いというメッセージは全てそのままだ」と語った。

中銀は先週、政策金利を据え置いたが、早ければ来年9月にも利上げすることを示唆した。.

ホークスビー氏は中銀が発表した政策金利の見通しについて、来年末に景気刺激策を解除するために必要ないくつかの条件を満たすことが前提になると述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up