May 29, 2019 / 3:25 AM / 3 months ago

豪「エッグボーイ」、NZ銃乱射事件の被害者に750万円寄付

 オーストラリアで右派議員に卵をぶつけ「エッグボーイ」として有名になった青年が、ニュージーランドで起きた銃乱射事件の被害者を支援するため9万9922豪ドル(758万円)を寄付した。写真は乱射事件の現場に備えられた花束。3月21日、NZのクライストチャーチで撮影(2019年 ロイター/Edgar Su)

[シドニー 29日 ロイター] - オーストラリアで右派議員に卵をぶつけ「エッグボーイ」として有名になった青年が、ニュージーランドで起きた銃乱射事件の被害者を支援するため9万9922豪ドル(758万円)を寄付した。

3月15日にクライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)2カ所で起きた乱射事件について、豪州では、極右のフレイザー・アニング上院議員が「イスラム教の狂信者」にNZへの移住を許したことが原因だと発言。物議を醸した。

これに対しウィル・コノリーさん(17)は、記者会見の席で同議員に卵をぶつけて非難した。この行動はバスケットボールのスター選手ベン・シモンズさんなど、世界中から支持を獲得。弁護費用として寄付金が集まった。

だがコノリーさんは28日夜、法廷で争う必要がなくなったため、受け取ったお金を事件の被害者に寄付すると発表。インスタグラムで「事件の犠牲者を少しでも救済するため、全額寄付することに決めた。わたしがもらっていいお金ではなかったので」と述べた。

さらに「悲劇の犠牲者に、これがいくばくかの救いをもたらすことを心から願っている」と記した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below