April 11, 2019 / 5:30 AM / 14 days ago

NZ警察、規制強化受けた銃器回収は「数万丁」と推定

 4月11日、ニュージーランド警察当局は、議会で銃規制法改正案が可決されたことを受け、数万丁の銃が当局に引き渡されるとの見方を示した。写真はクライストチャーチの銃器店に並ぶ小銃。3月に撮影(2019年 ロイター/JORGE SILVA)

[ウェリントン 11日 ロイター] - ニュージーランド警察当局は11日、議会で銃規制法改正案が可決されたことを受け、数万丁の銃が当局に引き渡されるとの見方を示した。

議会は前日、大半の半自動式の銃器、銃器を半自動式銃器に変える部品、一部の弾倉、一部の散弾銃の流通・使用禁止を盛り込んだ銃規制法改正案をほぼ全会一致で承認。禁止対象の銃器の所有者は9月30日までに当局に引き渡す必要があり、持ち込まれた銃は国が買い上げる。

同国では先月、クライストチャーチのモスクで銃乱射事件が発生し、50人が死亡したことを受けて、銃規制の強化を求める声が高まった。新規制では、乱射事件で容疑者が使用した銃も対象になっている。

警察当局者は記者会見で、同国には銃器の登録を義務付ける法律がないことから、どの程度の数の銃が持ち込まれるのか不明と述べ「数万丁かもしれないし、それより多い可能性もある」などとコメントした。

銃関連の情報サイトによると、ニュージーランドには現在、120万─150万丁の銃が流通しているもよう。ニュージーランド政府は、そのうちの1万3500丁が軍用半自動小銃(MSSA)とみている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below