June 14, 2019 / 3:58 AM / 5 days ago

ニュージーランド銃乱射事件、被告が全罪状で無罪主張

 6月14日、ニュージーランド(NZ)のクライストチャーチで3月に起きたモスク(イスラム教礼拝所)での銃乱射事件で起訴されたブレントン・タラント被告は、テロ罪1件を含む計92件の罪について無罪を主張した。写真は犠牲者の遺族。被告の無罪主張のあと、ニュージーランドのクライストチャーチ高裁の前で撮影(2019年 ロイター/Charlotte Greenfield)

[クライストチャーチ(ニュージーランド) 14日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)のクライストチャーチで3月に起きたモスク(イスラム教礼拝所)での銃乱射事件で起訴されたブレントン・タラント被告は14日、テロ罪1件を含む計92件の罪について無罪を主張した。来年5月4日に裁判が始まる。

被告は拘置所からビデオリンクで姿を現し、弁護人が代理で無罪の申し立てをした。

法廷には地元のイスラム教徒や報道陣が多数詰めかけた。

高裁判事は、精神鑑定の結果、被告は裁判を受けることができる状態にあるとの判断も示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below