for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NZホワイト島火山噴火、なお8人行方不明 生存者いない可能性

[ファカタネ(ニュージーランド) 10日 ロイター] - ニュージーランドの警察当局は10日、北島沖のホワイト島で9日発生した火山噴火で少なくとも5人が死亡し、31人が負傷したことを確認し、なお8人の行方が分かっていないと発表した。

アーダーン首相は記者団に対し、上空から確認したところ生存者がいる兆候は見られないと語り、警察もこれ以上の生存者の発見は見込んでいないとの見方を示した。

首相は負傷者の多くが重体とし、負傷者と行方不明者には、同国の国民のほか、オーストラリア、米国、英国、中国、マレーシアからの観光客が含まれると述べた。

噴火は現地時間9日午後2時11分(日本時間午前10時11分)頃に発生。アーダーン首相によると、相次いで2回の噴火が発生した。

地元警察によると、9日には47人がホワイト島を訪れていた。噴火の数分前には噴火口の縁辺りに数人いたことが目撃されている。

クルーズ船「オベーション・オブ・ザ・シー」号の観光客を含む23人がホワイト島から救出された。警察は記者会見で、島内にいる人数は分かっていないとした上で、危険なために救助隊が島にたどり着けないと明らかにした。

ニュージーランド・クルーズ協会の代表は「オベーション・オブ・ザ・シー号に乗船していたツアーグループが噴火に巻き込まれたと考えている。今のところ、それ以上の情報はない」と語った。

スライドショー ( 2枚の画像 )

オベーション・オブ・ザ・シー号は、ロイヤル・カリビアン・クルーズRCL.N所有のクルーズ船で、5000人近くの乗客を収容でき、乗員は1500人。12月3日にシドニーからクルーズに出て、現在はニュージーランド北島のタウランガに停泊している。

ロイヤル・カリビアン・クルーズは電子メールの声明で「多くの乗客がきょう、ホワイト島ツアーに出かけていたことを確認する」としたが、「現在、それ以上明らかにする情報はない」と述べた。

モナシュ大学のキャス名誉教授は、居住者のいない島で毎日のように観光ツアーを許していたことは危険だと以前から感じており、「長年にわたり惨事が起こるのを待っていたようなものだ」との認識を示した。

地震観測サービス「ジオネット」は11月、火山活動の活発化を受け、ホワイト島の火山に対する警戒レベルを引き上げていた。

国家危機管理庁は、島の周辺は危険な状態にあると表明。噴煙は本島からも観測でき、一部の地域に火山灰が降る恐れがあるという。

ホワイト島の火山は、ニュージーランドで最も活動が盛んな活火山の1つ。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up