July 27, 2018 / 1:18 AM / 3 months ago

米グーグル、ナイジェリアで無線LANサービス立ち上げ

[ラゴス 26日 ロイター] - 米アルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルは26日、ナイジェリアで無料WiFiスポット(無線LAN)網を立ち上げた。アフリカで最も人口の多いナイジェリアで存在感を高める取り組みの一環。

 7月26日、米アルファベット傘下のグーグルは、ナイジェリアで無料WiFiスポット(無線LAN)網を立ち上げた。サービス立ち上げ事務所建物外に立つ公衆無線LANの看板。ラゴスで撮影(2018年 ロイター/Akintunde Akinleye)

グーグルはファイバーケーブル網を手掛ける現地企業、21スト・センチュリー・テクノロジーズと提携し、首都ラゴスの空港を含む6カ所に公衆無線LANサービス「グーグル・ステーション」を設置した。

世界銀行のデータによると、ナイジェリアのインターネット普及率は2016年時点で約25.7%と比較的低い。インターネットインフラが整備されていないことが、同国の事業者にとっては大きな課題となっている。ナイジェリアはアフリカ最大の産油国で、人口は1億9000万人。

グーグル製品管理担当のバイスプレジデント、アンジャリィ・ジョシ氏はラゴスでロイターに対し「今日ラゴスでサービスの提供を開始したが、サービス拠点を他の場所にも急速に拡大していく計画だ」と語った。

同社はネットサービスのプロバイダーと協力して、来年末までに国内5都市で公衆無線LANスポット200カ所の設置を目指している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below