for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ナイジェリア、来冬までに欧州にさらにLNG供給=石油相

 ナイジェリアのシルバ石油資源相は9月7日、ミラノで開催された会合で、来冬までに欧州へさらに多くの液化天然ガス(LNG)を供給することができると述べた。2021年10月、サウジアラビアのリヤドで撮影(2022年 ロイター/Ahmed Yosri)

[ミラノ 7日 ロイター] - ナイジェリアのシルバ石油資源相は7日、ミラノで開催された会合で、来冬までに欧州へさらに多くの液化天然ガス(LNG)を供給することができると述べた。

欧州では、ロシアからのガス供給が削減されるため、代替調達先を模索している。シルバ氏は現段階では安全保障問題により、ガス供給が遅れているが、アルジェリア経由で欧州に輸送するガスパイプラインを建設すると説明した。

その上で、ナイジェリアは近く、ガス送管建設の最終投資決定を行うとし、総工費は100億ドル超を見込むと述べた。

このパイプライン建設事業には、ナイジェリアとアルジェリアの国営石油会社が参画する。また、他の民間投資家も関心を寄せているという。

さらに、イタリアのエネルギー大手ENIもこの建設事業に加わる可能性があると説明したが、詳細は明らかにしなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up