May 27, 2015 / 11:01 PM / 5 years ago

今日の株式見通し=27年3カ月ぶり10連騰が視野、外部環境を好感 

[東京 28日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は続伸する見通し。前日の米国株式市場で主要株価3指数が反発。ドル/円は一時124円台まで円安が進行し、主力輸出株は買いが先行しそうだ。短期的な過熱感から高値圏では利益確定売りが広がりやすいものの、下値は限定的とみられており、日経平均は1988年2月以来、約27年3カ月ぶりとなる10連騰が視野に入る。

日経平均の予想レンジは2万0500円─2万0700円。

27日の米国株式市場では、ギリシャ債務問題に対する懸念が一時的に後退したことを支えに買い戻しの動きが広がり、ダウ工業株30種.DJIは3日ぶりに反発。ナスダック総合指数.IXICは終値で最高値を更新した。シカゴの日経平均先物6月限清算値(円建て)も大阪取引所終値比155円高の2万0635円まで上昇している。

外為市場ではドル/円が一時124円台まで強含む動きをみせるなど、円安基調は継続している。良好な外部環境を好感し、きょうも東京市場では輸出関連株が堅調に推移すると見込まれている。

ただ日経平均は前日まで9日続伸。きょう上昇して引ければ10連騰となり、1988年2月10─27日の13連騰以来の記録となる。

テクニカル指標では過熱感を示すサインは乏しいものの、連騰に対する警戒感が上値の重しとなりそうだ。「順当に上昇すると見込まれるが、利益確定売りも広がりやすい。輸出株の買いは当面継続するとみられるが、日経平均は2万0600円前後でこう着する展開が想定される」(日本アジア証券エクイティ・ストラテジストの清水三津雄氏)との見方が出ている。

きょうは国内では寄り付き前に4月商業販売統計が発表されるほか、日中は自動車各社の4月生産実績が公表される。また大手生保各社の決算発表も控えている。海外では米週間新規失業保険申請件数が発表される予定となっている。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      20472.58 20513.22 16592.57

+35.10 2015年5月27日 2015年1月16日

シカゴ日経平均先物6月限 20635(円建て)

長田善行

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below