April 10, 2015 / 12:16 AM / 3 years ago

日経平均が15年ぶり2万円回復、先高観支えに4日続伸

[東京 10日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均は4日続伸して始まり、取引時間中としては2000年4月17日以来、約15年ぶりに2万円台を回復した。日本株に対する根強い先高観に加え、前日の米国株高や円安基調の継続も相場を下支えしている。

 4月10日、寄り付きの日経平均は4日続伸して始まり、取引時間中としては2000年4月17日以来、約15年ぶりに2万円台を回復した。写真は都内の株価ボード(2015年 ロイター/Yuya Shino)

前日に好決算を発表したファーストリテイリング(9983.T)が上昇し、指数をけん引している。

もっとも、日経平均は2万円回復後は上げ幅を縮小。1万9900円台後半での値動きとなっている。また株式市場筋によると、4月限日経平均プションの最終決済に関わる日経平均のSQ(特別清算指数)値は2万0008円47銭となった。正式なSQ値は、大引け後に大阪取引所から発表される。

*写真を差し替えます。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below