for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は大幅反落、1万6500円割れ 日銀買い入れめぐる観測で軟化

[東京 18日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅反落。1ドル100円割れへとドル安/円高方向に振れた為替が重しとなった。日銀によるETF(上場投信)買いへの期待感から、売り先行後は下げ幅を縮小する展開となった。だが、日銀の買い入れの動きが見られないとの観測が広がり、後場に入り再び軟化した。

 8月18日、東京株式市場で日経平均は大幅反落。1ドル100円割れへとドル安/円高方向に振れた為替が重しとなった。写真は都内の株価ボード。昨年4月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

日経平均終値は8月5日以来、8営業日ぶりに1万6500円を下回った。

前引け時点でTOPIXの下落率は前日比0.38%。市場では後場に日銀のETF買いが入る目安として「前場引け時点のTOPIXの下落率が0.2%以上」(国内証券)との見方が一部にあった。ところが、後場入り直後に先物への売りが出た。日銀の注文が見当たらないとの市場観測が流れたことが、投資家の失望売りを誘った。

日本株には円高も重荷となったが、ドル/円JPY=EBSは午後、一時的に強含む場面があった。前内閣官房参与の本田悦朗駐スイス大使が米紙のインタビューで、日本銀行は来月、「大胆な」行動をとる可能性が高いとの認識を示したと伝わったことが材料視され、一時100.35円に急伸。だがドル高/円安の進行は続かず、やがて99円台に突入した。

その後、財務省の浅川雅嗣財務官が為替市場について「投機的な動きがないか、絶えず注視」と発言したことで、ドル/円は持ち直しの動きも見られたが、日経平均は断続的な先物売りに押され、大引け前に日中安値を更新。JPX日経400.JPXNK400は安値引けとなった。

藍沢証券投資顧問室ファンドマネージャーの三井郁男氏は「下がって割安なところを買うアプローチも、需給上難しい。日銀のETF買いによる思惑で指数が上下に振れており、市場で起きていること自体、歪んでいると感じざるを得ない」と指摘している。

個別銘柄ではソフトバンクグループ9984.Tが軟調。17日、今年2月に決議した1億6700万株、5000億円を上限とする自社株買いが終了したと発表した。需給面での緩みなどを嫌気した売りが優勢となった。

半面、さが美8201.Tが急伸。ユニーグループ・ホールディングス8270.Tが17日、保有するさが美株全株を投資ファンドに売却すると発表した。ファンド主導での事業再生を期待した買いが入った。

東証1部騰落数は、値上がり304銘柄に対し、値下がりが1594銘柄、変わらずが75銘柄だった。

日経平均.N225

終値      16486.01 -259.63

寄り付き    16649.91

安値/高値   16481.41─16714.61

TOPIX.TOPX

終値       1290.79 -20.34

寄り付き     1302.29

安値/高値    1290.74─1306.37

東証出来高(万株) 187609

東証売買代金(億円) 21485.65

長田善行

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up