Reuters logo
前場の日経平均は大幅反発、内需株買われ一時300円超高
2015年6月11日 / 03:08 / 3年前

前場の日経平均は大幅反発、内需株買われ一時300円超高

[東京 11日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比288円80銭高の2万0335円16銭と、大幅に反発した。欧米株高を好感し、主力株を中心に買い戻しの動きが優勢となった。電鉄や小売、銀行など内需株が上昇が目立ち、一時300円超の上昇。東証1部全体の81%の銘柄が値上がりする形となった。

 6月11日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比288円80銭高の2万0335円16銭と大幅に反発した。都内で9日撮影(2015年 ロイター/ISSEI KATO)

エース経済研究所の子幡健二社長は「きのうの黒田日銀総裁の発言は、スピード違反となっていた円安進行へのけん制と受け止められた」と指摘。内需株に関心が向かった一方で、良好な需給に対する見方も相場を下支えしたとみている。

輸出関連株では、トヨタ(7203.T)は1.7%超高となったのに対し、京セラ(6971.T)やキヤノン(7751.T)はほぼ横ばい。指数寄与度の大きいファナック(6954.T)が1.8%超安となり、指数の足かせとなった。

東証1部の騰落数は、値上がり1533銘柄に対し、値下がりが254銘柄、変わらずが98銘柄だった。

*写真を付けて再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below