Reuters logo
前場の日経平均は小反落、利益確定売りこなし下げ渋る
2016年12月13日 / 02:51 / 1年後

前場の日経平均は小反落、利益確定売りこなし下げ渋る

[東京 13日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比29円46銭安の1万9125円57銭と小幅ながら6日ぶりに反落した。円安に一服感が出たことに加え、日本株は連日の上昇で過熱感も強く、朝方から利益確定売りが先行。一時は94円安まで下げたが、為替が1ドル115円台まで円安方向に振れると押し目買いや買い戻しが入り、下げ渋る展開となった。前場の東証1部売買代金は1.3兆円だった。

 12月13日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比29円46銭安の1万9125円57銭と小幅ながら6日ぶりに反落した。写真は都内の証券会社の株価ボード前で2013年12月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

FOMC(米連邦公開市場委員会)後の調整に対する警戒感はあるが、株式市場から資金が流出することはなかった。市場では「米大統領選後に大きく上げた景気敏感株や輸出株に利益確定売りが出る一方、ディフェンシブ系が買われるなど資金が循環している。上昇相場は一度始まると日柄的に7カ月程度は続きやすい。今年7月安値を起点とすれば来年1―2月まではトレンドの持続力がありそうだ」(内藤証券投資調査部部長の浅井陽造氏)との声が出ていた。

東証1部騰落数は、値上がり901銘柄に対し、値下がりが972銘柄、変わらずが125銘柄だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below