Reuters logo
前場の日経平均は続伸、円安好感で買い戻し
2017年4月10日 / 02:55 / 8ヶ月前

前場の日経平均は続伸、円安好感で買い戻し

[東京 10日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比122円09銭高の1万8786円72銭となり、続伸した。地政学リスクへの反応が限定的で前週末の米国株が小幅安にとどまったことや、米金利上昇を受けて為替が1ドル111円台半ばまで円安方向に傾いたことを好感し、朝方から輸出株中心に買い戻しが先行した。一時は186円高まで上昇したが、買い戻し一巡後は戻り待ちの売りが上値を圧迫し、伸び悩む展開だった。

 4月10日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比122円09銭高の1万8786円72銭となり、続伸した。写真は東京証券取引所で2015年7月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

引き続きシリアや北朝鮮を巡る地政学リスクが警戒され、日本株を買い上がる勢いは鈍かった。市場では「日経平均の予想PERは15.2倍(7日時点)と売られ過ぎの水準ではあるが、東京市場は海外情勢で振れやすいため警戒感が残る。ここからの自律反発力が弱ければ、日柄的な調整が長引く可能性もある」(岡三オンライン証券チーフストラテジストの伊藤嘉洋氏)との声が出ていた。

東証1部騰落数は、値上がり1399銘柄に対し、値下がりが502銘柄、変わらずが110銘柄だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below