October 19, 2015 / 12:34 AM / 4 years ago

寄り付きの日経平均は反落、円強含みで外需株に売り

 10月19日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比9円02銭安の1万8282円78銭と反落して始まった。8月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 19日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比9円02銭安の1万8282円78銭と反落して始まった。前週末の欧米株が上昇するなど世界的な投資家心理の改善が続いているものの、円相場がやや強含みとなったことから外需系銘柄に売りが先行した。

医薬品、食料品などのディフェンシブ系はしっかり。

きょう午前中に発表される7―9月期中国GDPなど中国指標に対する警戒感もあるが、株安・円高が鮮明になれば、政策期待が高まると予想されることから、下値を売り込む動きも見られない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below