Reuters logo
寄り付きの日経平均は反落、トランプ氏会見受けた円高が重荷
2017年1月12日 / 00:21 / 1年前

寄り付きの日経平均は反落、トランプ氏会見受けた円高が重荷

[東京 12日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比64円48銭安の1万9300円19銭となり、反落して始まった。その後下げ幅は100円超に拡大。足元では1万9200円台で推移している。

 1月12日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比64円48銭安の1万9300円19銭となり、反落して始まった。2015年6月撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

米トランプ次期大統領が当選後初めて開いた記者会見を受け、外為市場では1ドル114円台までドル安/円高が進行。強含んだ円相場が日本株の重しとなっている。医薬品株も軟調。半面、原油相場の上昇を受け、石油関連株はしっかり。ソニー(6758.T)は連日の昨年来高値更新となっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below