Reuters logo
寄り付きの日経平均は続落、外部環境の悪化を嫌気
2015年7月28日 / 00:34 / 2年後

寄り付きの日経平均は続落、外部環境の悪化を嫌気

[東京 28日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比161円53銭安の2万0188円57銭と続落して始まった。寄り後に下げ幅は200円を超えている。中国株安や商品市況の下落を受けて、前日の米国株が下落。リスク回避的な円高も進むなど外部環境の悪化が嫌気され、主要銘柄を中心に売りが先行した。自動車、機械、不動産が安い。空運、パルプ・紙などはしっかり。

 7月28日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比161円53銭安の2万0188円57銭と続落して始まった。写真は東証のロゴの近くを通る女性、1日撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

中国株の動向が引き続き警戒されているが、個別の好業績株を物色する流れは継続している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below