Reuters logo
今日の株式見通し=小じっかり、前週下落の反動で押し目買いも
2017年4月2日 / 23:04 / 8ヶ月後

今日の株式見通し=小じっかり、前週下落の反動で押し目買いも

[東京 3日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、小じっかりの展開となりそうだ。31日の米国株が下落、円相場は強含みで推移するなど外部環境はさえないが、日本株は前週後半に下落した反動もあり、押し目買いが見込めそうだ。

一方、引き続き国内外の政治リスクや為替動向の不透明感などが意識され、上値を買い上がる動きも期待しにくい。

日経平均の予想レンジは1万8800円─1万9100円。

31日の米国株市場は、手掛かり材料に欠ける中、石油、金融などが売られ、主要3指数が下落した。米国債利回りの低下を受け、為替はやや円高に傾いている。一方、シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値、大阪取引所の夜間取引終値はともに1万8960円と現物市場の31日終値を上回った。日経平均は前週後半に需給要因で下落した反動もあり、寄り付きは小幅高のスタートが見込まれる。

株式市場は名実ともに新年度入りするが、上値を買い上がる材料は乏しい。市場では「押し目買いは支えになるが、新規資金がすぐに入るわけではなく、日中は様子見にならざるを得ない。今週は米重要統計の発表が続くこともあり、積極的に動きにくい」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資ストラテジストの三浦誠一氏)との声が出ている。後場にかけて機関投資家から期初の益出し売りが出れば、マイナスに転じることも予想される。

主なスケジュールは、3月日銀短観、3月新車販売台数が発表される。海外では3月米ISM製造業景気指数、3月米新車販売台数などが発表される。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      18909.26 19668.01 14864.01

-153.96 2017年3月2日 2016年6月24日

シカゴ日経平均先物6月限 18960(円建て)

*内容を追加します。

河口浩一

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below