Reuters logo
日経は続伸、政策期待支えに幅広く上昇
2016年1月25日 / 06:29 / 2年前

日経は続伸、政策期待支えに幅広く上昇

[東京 25日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は続伸。一時、前日比250円高に迫り、取引時間中で1月15日以来6営業日ぶりに1万7200円台を回復した。原油価格の急騰や円安進行などを背景に投資家のリスク回避姿勢が後退。戻り待ちの売りに押される場面もあったが、日米の金融政策会合を前に政策協調への期待感が支援となり、幅広い銘柄が買われた。

 1月25日、東京株式市場で日経平均は続伸。一時、前日比250円高に迫り、取引時間中で1月15日以来6営業日ぶりに1万7200円台を回復した。写真は都内の株価ボード。昨年2月撮影 (2016年 REUTERS/Toru Hanai )

欧米の寒波予報などを背景に原油価格が急騰し、前週末の米ダウ.DJIが大幅に買われ1万6000ドル台を回復。1ドル118円台後半へとドル高/円安に振れた為替も買い手掛かりとなり、週明けの東京市場は買いが先行した。

22日の日経平均が941円高と急上昇した反動などもあり、寄り後は戻り待ちの売りなどが出て、小幅安に転じる場面もあったが、政策協調への期待が支えとなった。上海総合指数.SSECなどアジア株の上昇も買い安心感を誘った。

前週末で年初からの一本調子の下げに歯止めがかかったとの見方が広がり、短期的には自律反発の動きが期待されている。東洋証券ストラテジストの檜和田浩昭氏は「日米当局の対応次第だが、目先的には日経平均1万7500円オーバー程度への戻りが期待される」と述べた。

個別銘柄では、JT(2914.T)が大幅高。同社は22日、主力商品「メビウス(旧マイルドセブン)」を4月1日から1箱10円値上げすると発表し、収益力が回復するとの期待が高まった。自社株買いを発表した東京製鉄(5423.T)も高い。

半面、タカタ7312.Tが昨年来安値を更新。米道路交通安全局(NHTSA)が22日、タカタ製エアバッグ問題をめぐり、追加的に約500万台のリコール(回収・無償修理)が実施されると発表し、嫌気された。

東証1部騰落数は、値上がり1643銘柄に対し、値下がりが229銘柄、変わらずが63銘柄だった。

日経平均.N225

終値      17110.91 +152.38

寄り付き    17145.81

安値/高値   16922.21─17208.24

TOPIX.TOPX

終値       1392.63 +18.44

寄り付き     1393.87

安値/高値    1376.67─1398.74

東証出来高(万株) 229170

東証売買代金(億円) 24124.94

杉山容俊

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below