for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ニコン、通期営業利益を上方修正 半導体関連が堅調

 2月3日、ニコンは、22年3月期の連結営業利益見通し(国際会計基準)を従来の340億円から470億円に上方修正した。写真は同社のロゴ。都内で2012年6月に撮影(2022年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 3日 ロイター] - ニコンは3日、22年3月期の連結営業利益見通し(国際会計基準)を従来の340億円から470億円に上方修正した。

ミラーレスの新製品を含むカメラ・レンズの需給がひっ迫しているほか、半導体露光装置の保守などのサービス関連事業が堅調に推移した。

活況な半導体市場を背景に、EUV関連コンポーネントなども想定以上に伸びている。

IBESがまとめたアナリスト14人のコンセンサス予想では、22年3月期通期の連結営業利益の平均値は375億円だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up