April 23, 2020 / 2:37 AM / 4 months ago

コラム:モバイルシフト遅れる任天堂、物言う株主が背中押す

[香港 22日 ロイター BREAKINGVIEWS] - アクティビスト(物言う投資家)として知られる米バリューアクト・キャピタル・マネジメントは、任天堂(7974.T)が家庭用ゲーム専用機(コンソール)へのこだわりを捨て去るきっかけを作ろうとしている。

4月22日、アクティビスト(物言う投資家)として知られる米バリューアクト・キャピタル・マネジメントは、任天堂が家庭用ゲーム専用機(コンソール)へのこだわりを捨て去るきっかけを作ろうとしている。写真は任天堂のロゴ。ロサンゼルスで開かれたビデオゲームのエクスポで2019年6月撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)

バリューアクトは22日、11億ドル(1185億円)相当の任天堂株保有を公表した。任天堂はアクティビストが標的にする企業としては異例で、経営状態が良好なだけでなく、同業者に対して優位に立つ。ただ、コンソールへの愛着があるために、他の新技術への参入は遅れている。バリューアクトには、任天堂が正しい方向に進むよう背中をぐいっと押すことができるだろう。

アクティビストに狙いを付けられる日本企業は日増しに増えているが、任天堂は特異な存在だ。けんか腰になるサード・ポイントからの半導体事業分社化要求を拒否し続けているソニー(6758.T)とは異なり、任天堂の企業価値が過小評価されていることを示す明確な材料はない。バリューアクトが任天堂株の取得を開始した昨年4月以降、株価は44%上昇している。

新型コロナウイルス感染拡大を受け、主力ゲーム機「スイッチ」は売り切れ続出の状況にある。スイッチ対応ソフト「あつまれ どうぶつの森」の大人気が一因だ。リフィニティブのデータによると、任天堂の予想利益に基づく株価収益率(PER)は20倍前後と、ソニーやネクソン(3659.T)を上回っている。

だが古川俊太郎社長が率いる任天堂の行く手に待つ未来は不確実だ。クラウドコンピューティングや超高速モバイル通信といった新技術は、ビデオゲームのやり方を一変させつつある。例えばグーグルのような新規参入組が、誰にでも、どんなデバイスにもゲームを配信できるサブスクリプション方式のサービスで先行するようになった。

片や任天堂は、スマートフォン向けゲームへの対応があまりにも遅いと批判を浴びており、スイッチに続く成長計画をほとんど明らかにしていない。コンソールメーカーのライバルであるマイクロソフト(MSFT.O)とソニーでさえ、最近になってクラウドゲーム分野で提携したというのにだ。

バリューアクトは、2013年にマイクロソフトに働き掛けたのと同様に、今回もコンテンツと配信方法を重視している。当時はマイクロソフトにサブスクリプション方式に基づくソフト販売への転換を求め、基本ソフト(OS)「ウインドウズ」に依存していたソフトウエアパッケージ「オフィススイート」を開放させた。その後5年間で、マイクロソフト株は3倍余りも値上がりしている。

現時点で任天堂のソフトの大半は、コンソールを買わないと遊ぶことができない。そこでバリューアクトが任天堂を動かし、サブスクリプション方針でスマホやパソコンなどに対応するゲームを増やせば、マイクロソフトと同じような展開になってもおかしくない。

具体的にバリューアクトがどの程度のリターンを得られるかはやや不透明だ。マイクロソフトの場合、バリューアクトが関与を始めた段階で株価が低迷していたが、任天堂の15年以降の年率ベースの株主リターンは20%という素晴らしさで、TOPIX全体のマイナス0.5%をはるかにしのいでいる。だから任天堂の株主は、どちらに転んでも損はしない状態にはある。

●背景となるニュース

*アクティビスト(物言う投資家)として知られる米バリューアクト・キャピタル・マネジメントは22日、任天堂の260万株を保有していると表明した。発行済み株式の約2%に当たる。

*ロイターが確認した投資家向けレターによると、バリューアクトが任天堂株の取得を開始したのは2019年4月。レターでは、任天堂の将来性が明るく、ソフトウエア事業の潜在成長力と総合エンターテインメント企業に変身を遂げる余地が評価されている。

*バリューアクトは、任天堂の経営陣と数回協議していることも明らかにした。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below