for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

任天堂とディー・エヌ・エーが合弁会社設立、デジタル化を推進

 11月8日、任天堂とディー・エヌ・エーは、合弁会社「ニンテンドーシステムズ」(東京都)を2023年4月に設立すると発表した。写真は任天堂のロゴ。都内で2019年11月撮影(2022年 ロイター/Issei Kato)

[東京 8日 ロイター] - 任天堂とディー・エヌ・エーは8日、合弁会社「ニンテンドーシステムズ」(東京都)を2023年4月に設立すると発表した。任天堂のビジネスのデジタル化を推進するため、研究開発などを担う。資本金は50億円で出資比率は任天堂80%、ディー・エヌ・エー20%。

両社は2015年に資本・業務提携を締結。ニンテンドーアカウントを中心とするシステム開発などを行ってきたが、合弁会社の設立を通じて提携を強化するという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up