Reuters logo
インタビュー:任天堂、来年にも新興国用ゲーム機を投入
May 8, 2014 / 6:42 AM / in 4 years

インタビュー:任天堂、来年にも新興国用ゲーム機を投入

[東京 8日 ロイター] - 任天堂(7974.T)の岩田聡社長は8日、ロイターのインタビューで、 2015年にも新興国向けに新しいゲーム機を投入する方針を明らかにした。先進国で展開しているゲーム機の廉価版ではなく、新興国専用機になる予定で、ハードとソフト一体で展開する計画。

 5月8日、任天堂の岩田社長はロイターのインタビューで、 2015年にも新興国向けに新しいゲーム機を投入する方針を明らかにした。写真は昨年1月、京都で撮影(2014年 ロイター/Yuriko Nakao)

岩田社長は、新興国用ゲーム機について「(WiiUでもなく3DSでもなく)名前も違う。これまでとまったく異なるアプローチになる」と述べた。だた「ハード・ソフト一体型で、われわれは強みを引き出しやすいので、そこにはこだわりを持っている」とも指摘した。

    先進国のゲーム機事業は、150―300ドルのハードで、30―60ドルのソフトを販売するモデルだが、岩田社長は「その構造をそのまま現地化する展開ではない」と強調。現地の中流層をターゲットに事業展開する方針で「ミドルクラスのマジョリティに手が届くもの」を投入する。岩田社長は「新興国でもゲーム人口拡大をねらっていく」と述べた。

    特に、中国市場については「まさにミドルクラスが猛烈な勢いで増えている。中国にも受け入れてもらえるものにしたい」と述べた。中国では上海の自由貿易試験区で、外資系企業の家庭用ゲーム機販売を解禁し、米マイクロソフト(MSFT.O)が「XboxOne」を今年9月に発売すると発表している。

    ただ、岩田社長は「中国はポテンシャルある市場だが、経済特区ができただけで、ビジネスをする難しさがすべて解決したとは言えない。われわれはもっと勉強しなければならない」と指摘。その上で「任天堂はマスマーケットをねらっているので、(先進国のゲームをそのまま投入する)マイクロソフトとは同じアプローチにはならないだろう」と語った。

    村井令二 ソフィー・ナイト

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below