July 30, 2019 / 9:50 AM / 23 days ago

任天堂、為替差損響き4―6月純利益46%減 「スイッチ」販売は増加

 7月30日、任天堂<7974.T>が30日発表した2019年4―6月期連結決算は、営業利益が前年同期比10.2%減だった。主力の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」やソフト販売は伸びたが、コストも増えた。為替差損の発生が響き、純利益は45.7%減少した。6月撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)

[東京 30日 ロイター] - 任天堂(7974.T)が30日発表した2019年4―6月期連結決算は、営業利益が前年同期比10.2%減だった。主力の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」やソフト販売は伸びたが、コストも増えた。為替差損の発生が響き、純利益は45.7%減少した。20年3月期(今期)の連結業績予想は従来のまま据え置いた。

営業利益は274億円で、リフィニティブが集計したアナリスト10人の予測平均値400億円を下回った。

純利益は45.7%減の166億円となった。円高ドル安に伴う為替差損が120億円発生したことなどにより、利益が押し下げられた。

売上高は2.4%増の1721億円。ニンテンドースイッチの販売台数は13.2%増の213万台、スイッチ向けソフトの販売本数は25.9%増の2262万本だった。

9月20日にはニンテンドースイッチの携帯専用機「ニンテンドースイッチライト」を発売する予定で、今期のニンテンドースイッチの販売は1800万台を計画している。

一方、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の販売は44.9%減の20万台、3DS向けソフトの販売は49.7%減の148万本だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below