for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

任天堂のスマホ版「マリオカート」、25日に配信開始

[東京 24日 ロイター] - 任天堂7974.Tは、ディー・エヌ・エー2432.Tと共同開発したスマートフォンゲーム「マリオカートツアー」の配信を25日から世界同時に開始する。

マリオカートは任天堂の人気ゲームだが、スマホ版は初めて。マリオ、ワリオなどのキャラクターを操って、東京などの都市を舞台にカーレースを楽しめる。

今年配信を開始した「ドクターマリオワールド」など、最近の任天堂の作品はユーザーの反応が鈍かったため、マリオカートは久々のヒット作になるのではないかとの声が出ている。

コンサルティング会社、カンタンゲームズのセルカン・トト代表は「任天堂にとって過去最大とまではいかないにせよ、久々の超大型リリースだ」と指摘した。

ただ、マルチプレーヤー機能は当初見送られる見通し。アナリストによると、将来導入される可能性はある。また、アプリ内課金も導入される可能性が高いとみられている。アプリ内課金は日本では普及しているが、ギャンブル性があるとの指摘が出ている。

テスト版には、レアなアイテムを入手できる「ガチャ」など、アプリ内課金の仕組みが導入されていた。

モバイルゲームが拡大の一途をたどる中、任天堂は依然、主力ゲーム向けのコンソール開発に力を入れている。これについてエース経済研究所の安田秀樹氏は「任天堂はハードとソフトが一体であり、ユーザーがスマホを通じて任天堂のゲームに触れることで、コンソール販売につながると考えている」と指摘。任天堂はモバイルゲームの収益化を優先していないと述べた。

*カテゴリーを修正して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up