for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本生命、子会社豪MLCの第三者割当増資引き受け

日本生命保険は24日、子会社の豪MLCが実施する約415億円の第三者割当増資を、ナショナルオーストラリア銀行(NAB)と共に引き受けると発表した。写真は都内で昨年2月撮影(2020年 ロイター/Hideyuki Sano)

[東京 24日 ロイター] - 日本生命保険は24日、子会社の豪MLCが実施する約415億円の第三者割当増資を、ナショナルオーストラリア銀行(NAB)と共に引き受けると発表した。約94億円の劣後債も引き受ける。日生とNABがMLCの増資に応じるのは3回目。

日本生命は2015年にNABと生保事業MLCの買収で合意、株式の80%を取得した。オーストラリアでは所得補償保険の支払い増などが保険業界の重しとなっており、MLCは昨年12月と今年6月の2回、総額約512億円の増資を実施した。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、MLCから再度の資本対応の要請があったという。

日生は、今後も豪経済の悪化や失業率の上昇に伴い保険の支払いや解約が増える見通しを踏まえ、「MLCの業績低迷が来年以降も継続するリスクが懸念される」としている。

田中志保 編集:久保信博

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up