for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本製鉄、事業損益予想を黒字に修正 需要回復・鋼材価格も上昇

日本製鉄は5日、2021年3月期の連結事業損益(国際会計基準)を600億円の赤字から300億円の黒字へと上方修正した。写真は、同社のロゴ。2019年3月18日に都内で撮影。(2021年 ロイター/Yuka Obayashi)

[東京 5日 ロイター] - 日本製鉄は5日、2021年3月期の連結事業損益(国際会計基準)を600億円の赤字から300億円の黒字へと上方修正した。今期の上方修正は2度目となる。東南アジア向けを中心とした輸出において鋼材価格が上昇したことや、グループ会社の損益改善が寄与した。上期1065億円の赤字に対し、下期は1365億円の黒字と、急速に回復する見通し。

連結純損益予想は1700億円の赤字から1200億円の赤字へと引き上げた。上期の1911億円の赤字に対し、下期は711億円の黒字となる見込み。IBESのコンセンサス予想では、アナリスト7人の通期純損益予想の平均値は1266億円の赤字となっている。

赤字見通しではあるものの、業績の回復基調を受け、期末配当は1株10円を予定している。

宮本勝弘副社長は決算会見で「足元の経営環境は製造業向けを中心にかなり回復している」と述べた。また、中国の旺盛な鋼材需要が原料高・鋼材価格高をけん引している。

21年3月期の単独粗鋼生産は、従来計画の3270万トンから3320万トン程度に再度上方修正した。新型コロナウイルス感染症の影響による需要減少に対応して休止していた高炉5本のうち3本を再稼働。1―3月期の単独粗鋼生産は1年ぶりに1000万トンを回復する見通し。

来年度の全国粗鋼生産は8500―9000万トン程度(今期見通しは8260万トン)と予想。自社については「需給を見ながら、品種なども含めて決めたい」(宮本副社長)と述べるにとどめた。

20年4―12月期の連結事業損益は前年同期比331億円の赤字(前年同期は2793億円の赤字)、純損益は1238億円の赤字(同3573億円の赤字)だった。

脱炭素に向けては「ゼロカーボン・スチール委員会」で検討を進めており、今年度中に同社のシナリオを公表する予定としている。

*内容を追加しました。

清水律子

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up