Reuters logo
テニス=マドリードOP、錦織が8強入り
2017年5月11日 / 23:58 / 6ヶ月後

テニス=マドリードOP、錦織が8強入り

[マドリード 11日 ロイター] - テニスのマドリード・オープンは11日、マドリードで男子シングルス3回戦を行い、世界ランク8位で第6シードの錦織圭はダビド・フェレール(スペイン)に6─4、6─3でストレート勝ちを収め、準々決勝進出を決めた。

5月11日、テニスのマドリード・オープンは、マドリードで男子シングルス3回戦を行い、世界ランク8位で第6シードの錦織圭(写真)はダビド・フェレール(スペイン)に6─4、6─3でストレート勝ちを収め、準々決勝進出を決めた(2017年 ロイター/Susana Vera)

12日の準々決勝では、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)を下した世界2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

世界ランク1位で第1シードのアンディ・マリー(英国)はボルナ・チョリッチ(クロアチア)に敗れ、3回戦敗退となった。

そのほか、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)、第8シードのドミニク・ティエム(オーストリア)、第9シードのダビド・ゴフィン(ベルギー)などが勝ち上がった。

女子シングルスの準々決勝では、第3シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)、第8シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)、第14シードのクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)、アナスタシヤ・セバストワ(ラトビア)の4人がそれぞれ勝利した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below