July 11, 2019 / 12:02 AM / 11 days ago

テニス=錦織、フェデラーに敗れウィンブルドン8強で敗退

 テニスのウィンブルドン選手権は10日、男子シングルス準々決勝で第8シードの錦織圭(左)が、第2シードのロジャー・フェデラー(右)にセットカウント1─3で敗れた(2019年 ロイター/Tony O'Brien)

[ロンドン 10日 ロイター] - テニスのウィンブルドン選手権は10日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで試合を行い、男子シングルス準々決勝で第8シードの錦織圭は、第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)にセットカウント1─3で敗れた。

錦織は第1セットを6─4で奪ったが、第2セット以降を1─6、4─6、4─6と連取されて逆転負けとなった。

この勝利でウィンブルドンでの通算100勝としたフェデラーは、いずれかの四大大会で大台を達成した男子史上初の選手になった。それについてフェデラーは「特別なことだ」と話した。

第1セットを落とす展開になった試合をフェデラーは「もしセットを落とす、ブレークを許すことがあったとしても、慌てることはない。落ち着いている」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below