for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

国民の命守るため必要なら、緊急事態宣言も=西村再生相

 4月9日、西村康稔経済再生相(写真)は午後、東京、京都、沖縄の3府県へのまん延防止等重点措置適用について説明するため開かれた参院議院運営委員会で、国民の命を守るために必要ならば緊急事態宣言を発令しなければならないと述べた。写真は都内で1月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 9日 ロイター] - 西村康稔経済再生相は9日午後、東京、京都、沖縄の3府県へのまん延防止等重点措置適用について説明するため開かれた参院議院運営委員会で、国民の命を守るために必要ならば緊急事態宣言を発令しなければならないと述べた。立憲民主党の塩村あやか委員への答弁。

塩村氏は、まん延防止措置適用下でも東京オリンピック・パラリンピックの開催は可能か質問。西村氏は「国民の命を守るために必要ならば緊急事態宣言も発令しないといけないが、そうならないためにまん延防止措置で感染を抑えていく。そのもとで安全・安心な大会にしたい」と答えた。これに対して塩村氏は、開催の可否を再度問い質した。西村氏は「仮定の質問に答えるのは控えたい。全力を挙げて安心・安全の大会にしたい」と述べるにとどめた。

竹本能文

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up