March 13, 2020 / 12:16 AM / 16 days ago

市場を注視、政府と日銀は強い緊張感を共有=西村経財相

 3月13日、西村康稔経済財政・再生相は閣議後会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を巡って、マーケットを日々注視しており、政府と日銀は強い緊張感を共有しているとの認識を示した。写真は2019年9月、東京都内の首相官邸で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 13日 ロイター] - 西村康稔経済財政・再生相は13日の閣議後会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を巡って、マーケットを日々注視しており、政府と日銀は強い緊張感を共有しているとの認識を示した。

西村再生相は日々様々な変動や市場の大きな動き、新型コロナウイルス感染症の経済への影響について、政府内でも、日銀との間でも様々な意見交換を行い、情報共有をしている、と述べた。また強い緊張感をもって、マーケットをみていると語った。

西村再生相はさらに今後の経済対策について「頭の中でしっかりと練っていきたい」と述べた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below