for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイナス金利、地銀のビジネスモデル転換を後押し=西村再生相

 5月19日、西村康稔経済再生相(写真)は参院内閣委員会で、日銀のマイナス金利政策が地域金融機関のビジネスモデル転換を後押ししている面があるとの見解を示した。写真は都内で2014年5月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 19日 ロイター] - 西村康稔経済再生相は19日の参院内閣委員会で、日銀のマイナス金利政策が地域金融機関のビジネスモデル転換を後押ししている面があるとの見解を示した。田村智子委員(共産)への答弁。

田村委員は日銀のマイナス金利政策が地銀の窮乏を招いているのでないかと質問。これに対して、西村再生相は日銀の金融政策を含むアベノミクスの経済政策により、地方を含めて税収拡大や雇用拡大が実現したと説明した。その上で、「地域金融機関は人口減少などの構造変化で厳しい経営環境にあり、持続可能な新しいビジネスモデルへの転換が必要で、このことをマイナス金利が背中を押している面がある」と分析。「新しいビジネスモデルを確立して将来サービスを提供してほしい」との期待を表明した。

竹本能文※

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up