March 24, 2020 / 2:33 AM / 12 days ago

東京五輪延期の場合、経済に与える影響を最小限に=西村経済再生相

 3月24日、西村康稔経済再生担当相は閣議後会見で、東京オリンピックが延期された場合の影響について「すべての人のマインドに影響がある」と述べた上で、経済に与える影響を最小限にしたいとの考えを示した。写真は2019年9月、東京都内の首相官邸で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 24日 ロイター] - 西村康稔経済再生担当相は24日の閣議後会見で、東京オリンピックが延期された場合の影響について「すべての人のマインドに影響がある」と述べた上で、経済に与える影響を最小限にしたいとの考えを示した。

西村経済再生相は「特に、オリンピック(開催予定)時期のインバウンド、外国人観光客がこれでかなり減ることになるので、そういったことを含めてよく見ていかなければならない」と、日本経済に与える影響に警戒感を示した。

国際オリンピック委員会(IOC)は22日、東京オリンピックについて「延期を含めた検討に入り、4週間以内に結論を出す」と公表した。西村経済再生相は、東京オリンピックが延期された場合の経済対策について「いろんな状況を見ながら、経済に与える影響に対して万全を期していきたい」と説明。「世界経済への影響もあるので、それに見合うだけの経済対策をしっかりと実施していきたい」と強調した。

さらに、東京オリンピックは日本経済のV字回復の象徴にもなると言及し、「楽しみが少し先に延びる、くらいに捉えてもらいたい。経済に与える影響はできるだけ小さくするのがいい」と述べた。

浜田寛子 編集:石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below