October 31, 2018 / 3:14 AM / 21 days ago

まずは韓国政府の対応を見極めたい=徴用工問題で西村官房副長官

 10月31日、西村康稔官房副長官(写真)は午前の会見で、韓国最高裁が新日鉄住金に元徴用工4人への賠償を命じた判決について、本日行われた日韓外相会談で、韓国政府は対応を検討中であると説明があったことから、まずは同政府がいかなる対応をとるのか見極めたいと述べた。写真は都内で2014年5月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - 西村康稔官房副長官は31日午前の会見で、韓国最高裁が新日鉄住金(5401.T)に元徴用工4人への賠償を命じた判決について、本日行われた日韓外相会談で、韓国政府は対応を検討中であると説明があったことから、まずは同政府がいかなる対応をとるのか見極めたいと述べた。

同副長官は、今年は日韓共同宣言 (21世紀に向けた新たな日韓パートナーシップ)20周年に当たることから、首脳間などで関係構築のための協力強化で一致してきたとの認識を示した。そのうえで「国交正常化以来の2国間の協力基盤を根本からくつがえす判決だ。韓国政府に対して適切な措置を講ずるよう求めてきているところだ。今後の対応はまずは韓国政府の対応を見極める考えだ」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below