Reuters logo
郵政の西室社長が退任へ、今春にも 民間起用案も浮上
2016年3月4日 / 10:37 / 2年後

郵政の西室社長が退任へ、今春にも 民間起用案も浮上

[東京 4日 ロイター] - 日本郵政(6178.T)の西室泰三社長が今春にも退任する見通しとなった。複数の関係筋が明らかにした。後任候補として内部昇格のほか民間経営者を起用する案も浮上しており、検査入院の結果を踏まえ、政府が最終判断する方向だ。

 3月4日、日本郵政の西室泰三社長(写真)が今春にも退任する見通しとなった。複数の関係筋が明らかにした。後任候補として内部昇格のほか民間経営者を起用する案も浮上している。2015年11月撮影(2016年 ロイタ/Toru Hanai)

西室氏は2月8日から入院し、退院のめどは立っていない。鈴木康雄副社長が職務を代行する状況が長引けば経営への影響も出かねず、民間から有力な経営者を招く案を含め、後任選びに着手したもようだ。

西室氏は、東芝や東京証券取引所の社長などを歴任し、2013年6月に郵政の社長に就任した。15年11月には傘下のゆうちょ銀行(7182.T)、かんぽ生命保険(7181.T)との3社同時上場を実現させ、金融2社株式の早期売却にも意欲を示していた。

日本郵政のコメントは得られていない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below