Reuters logo
テニス=西岡が手術で離脱、ひざじん帯を損傷
2017年4月1日 / 01:09 / 8ヶ月前

テニス=西岡が手術で離脱、ひざじん帯を損傷

[31日 ロイター] - 男子テニスの世界ランク58位、西岡良仁が左ひざの前十字じん帯を断裂したと診断され、4月4日に手術を受けてしばらく実戦から離脱することになった。自身のウェブサイトへの投稿で31日に明らかにした。

 3月31日、男子テニスの世界ランク58位、西岡良仁が、左ひざの前十字じん帯を断裂したと診断され、4月4日に手術を受けて実戦から離脱することに。カリフォルニア州インディアンウェルズで13日撮影(2017年 ロイター/Jayne Kamin-Oncea-USA TODAY Sports)

西岡は現在開催中のマイアミ・オープンで24日にジャック・ソック(米国)と対戦した際に左ひざの負傷で途中棄権していた。

手術後はリハビリとトレーニングに戻り、「1日でも早くツアーに戻れるよう努力する」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below