November 22, 2018 / 12:49 AM / 19 days ago

日産、22日午後にゴーン容疑者の会長解職など決定へ

[東京 22日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)は22日午後、臨時取締役会を開催し、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで東京地検特捜部に逮捕された同社会長のカルロス・ゴーン容疑者の会長職と代表取締役の解職を決める。

22日付日本経済新聞朝刊によると、会長職は暫定的に西川廣人社長兼最高経営責任者(CEO)が兼務する方向で調整していると伝えている。

22日の臨時取締役会では、同社代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者の代表取締役の解職も決める。

ゴーン容疑者は2011年から15年までの5年間に、99億9800万円の報酬を受け取っていたにもかかわらず、有価証券報告書には49億8700万円の報酬があったと虚偽の数字を記載。合計で約50億円の報酬を過少に記載した容疑で取り調べを受けている。

田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below