Reuters logo
日産が米ファンドKKRにカルソカンセ売却へ、TOB応募
2016年11月22日 / 09:06 / 1年後

日産が米ファンドKKRにカルソカンセ売却へ、TOB応募

[東京 22日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)は22日、連結子会社の自動車部品メーカー、カルソニックカンセイ7248.Tの保有株すべて(発行済み株式の40.68%)を米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に売却すると発表した。

 11月22日、日産は、米投資ファンドのKKRが実施するカルソニックカンセイ株のTOBに、保有する40.68%の全株式を応募すると発表した。都内のショールームで7日撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

KKRは来年2月下旬からTOB(株式公開買い付け)を実施し、日産の保有分を含む全株を取得して完全子会社にする方針。取得総額は約4983億円となる見込み。カルソニックも同日、TOBに賛同する意向を表明した。

日産はTOBが成立した場合、2017年3月期連結決算で約1140億円の投資有価証券売却益を特別利益に計上する予定。売却で得られた資金は安全・環境分野の次世代技術の開発強化などに充てる。

カルソニックは熱交換器や排気・空調製品などを手掛ける日産系列最大の自動車部品メーカーで、KKR傘下入り後は日産以外のメーカーとの取引拡大と次世代技術に生かせる製品ラインアップ強化を図る。現在は東証1部に上場するが、TOB成立後は上場廃止となる予定。16年3月期の売上高は前期比9.1%増の1兆0533億円、営業利益は同21%増の382億円だった。

日産はKKR傘下の特別目的会社CKホールディングスが実施するTOBに応募し、カルソニック全株式を売却する。買い付け価格は1株あたり1860円を予定。ただし、KKRからの提案を踏まえ、カルソニックはTOB実施前に1株あたり上限570円とする特別配当を実施する方針で、この特別配当が株主総会で決議された場合は、買い付け価格は配当額を控除した額になるという。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below