October 2, 2019 / 4:58 PM / 21 days ago

日産の次期社長候補3人、ルノー会長と面会 関氏や山内氏ら

日産自動車は不正報酬問題で辞任した西川広人・前社長兼最高経営責任者の後任選びを進めており、社内や企業連合(アライアンス)を組むルノーなどから候補を3人に絞り込んだ。英サンダーランドで2月撮影(2019年 ロイター/Phil Noble)

[2日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)は不正報酬問題で辞任した西川広人・前社長兼最高経営責任者(CEO)の後任選びを進めており、社内や企業連合(アライアンス)を組むルノー(RENA.PA)などから候補を3人に絞り込んだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

アライアンス会合を翌日に控えた1日、ルノーのスナール会長が候補らにインタビューを行ったという。

うち2人は日産出身者で、山内康裕暫定CEOと関潤専務執行役員で、関係筋によると有力候補とされる。ただ、日産の取締役会とルノーは、ルノー出身で三菱自動車(7211.T)の最高執行責任者(COO)であるアシュワニ・グプタ氏(49)についても検討している。

山内氏と関氏は共にパリでスナール氏と直接面談。グプタ氏とはテレビ会議を通じてインタビューが行われたという。

ルノーは日産株43.4%を保有しており、後任選びに当たり同社の支持は不可欠。ルノーはコメントに応じていない。

関係筋によると、スナール氏は配当支払いに関する日産の能力や意向を問題として指摘。大幅減益による日産の減配を受け、ルノーの2019年利益も1億3000万ユーロ(1億4600万ドル)縮小した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below