January 10, 2019 / 9:29 PM / 6 months ago

仏ルノーが取締役会、ゴーン容疑者の17ー18年報酬に不正見当たらず

 1月10日、仏自動車大手ルノーは非公式の取締役会を開き、カルロス・ゴーン容疑者を含む執行役員らのコンプライアンス(法令順守)を巡る内部調査に関して最新の報告が行われた。ストラスブールで撮影(2019年 ロイター/VINCENT KESSLER)

[パリ 10日 ロイター] - 仏自動車大手ルノー(RENA.PA)は10日、非公式の取締役会を開催した。会合ではカルロス・ゴーン容疑者を含む執行役員らのコンプライアンス(法令順守)を巡る内部調査に関して最新の報告が行われた。

それによると、これまでに役員らの2017ー18年分の報酬を精査したが「法令にのっとっており不正行為も見当たらなかった」との結論に達した。調査は今後も継続し、過去年の記録を遡って調べるという。

こうした中、日産自動車(7201.T)も10日夜、取締役会を開催。ルノー、三菱自動車(7211.T)とのアライアンスパートナーシップの重要性を改めて確認した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below